ハンチングの色々な種類のご紹介

“カジュアルな雰囲気でありながらどこかドレッシーな雰囲気のハンチングは男女問わずに人気の帽子です。元々はイギリスの富裕層の間で乗馬や狩猟の際にかぶる帽子として生まれ、その高い実用性から庶民の間で人気が出、日本においては明治20年頃から商人が身に着けて流行しました。素材は皮革製の物やウール、ツイード、コーデュロイなどがあり、ひとえにハンチングといっても通常のタイプよりもてっぺんの部分が広いモナコタイプ、細長く小ぶりなアイビーハンティング(アイビーキャップとも言います)や天井が6枚~8枚で作られているキャスケット、丸みを帯びた形のプロムナードなどの沢山の種類がありますので顔の形やコーディネートする服装に合わせて選ぶと良いでしょう。また最近人気のタイプは夏場でも気軽にかぶる事が出来るコットン素材の物やカジュアルなコーディネートにお勧めの柄物などもあります。 

顔の形で似合うタイプを選ぶ方法

人間は丸顔の人や面長の人、四角い顔の人、逆三角形の顔の人、ベース型の顔の人など様々な顔の形があります。そこで似合う帽子も変わってくるのですが、特にハンチングの場合はバランス1つでかなり印象が変わってきます。例えば丸顔の人はかっちりとしたシルエットのタイプを選ぶと丸顔が協調されてしまうのでプロムナードなどの丸みを帯びたタイプがお勧めです。また面長の人はというと小ぶりなアイビーハンティングがバランスよくかぶれます。そして四角い顔の人やベース型の顔の人は定番のデザインで良いのですが出来れば天上が円形に近いタイプやデザインや柄などが個性的な物を選ぶと顔のボリュームを緩和してくれます。さらに逆三角形の顔の人はというと、顔の細い部分を強調したキャスケットがさらに小顔に見せてくれるのでお勧めです。

ハンチングの選び方とお手入れ方法

生地の種類や柄などが豊富なので購入する際にとても悩む方が多いと思いますが、まず一年通して使用したいならばコットン素材やポリエステル素材で色がブラウンやベージュ、グレーなどを選ぶと今流行のモノトーンファッションやミリタリー、モードにも合いますし、デニムやカジュアルな服装にも合わせやすく年齢も問いません。またウールやツイード、皮革製の帽子の場合は水分を嫌うのでクリーニングに出したり、保管する際も高温多湿を避けて専用の箱などで保管するなど手間がかかりますがコットン素材やポリエステル素材などはおしゃれ着洗い用の洗剤を薄めて浸したタオルをかたく絞って汚れを拭き取ったり、洗濯用の糊を溶かした水で軽く洗う事も出来ますのでお手入れが比較的簡単です。ただし型崩れを防ぐため、乾かす際はザルに帽子をかぶせて陰干しすると良いでしょう。”

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし