ハンチングを購入した後お手入れなどの気をつける点の紹介

ハンチングはオシャレなコーディネートに取り入れたいアイテムとして注目を集めていますが、素敵なデザインを保つためにも正しいお手入れを心がけ長く使えるように扱いましょう。オシャレなコーディネートは組み合わせる服や小物の状態にも影響されます。清潔であることはもちろん、型崩れなど製品としての劣化を防ぐためにやさしく丁寧にお手入れすることが大切です。日常のケアであれば、劣化の原因となる汗や埃などの汚れの付着をこまめに取り除きましょう。汚れが目立つ部分は濡れたタオルを固く絞り、軽く叩くように拭き取った後、乾いたタオルで水分を取り除きます。そして、しばらくは風通しの良い日陰に置いて自然乾燥させましょう。高温な場所や湿気の多い場所に置いておくと型崩れや変色の原因となるので、気を付けて下さい。

洗濯する際は素材に合った方法で

汚れが気になってしまい洗濯したいという場合には、購入したハンチングに付いている洗濯表示を確認して正しく洗いましょう。洗濯方法は帽子の種類に合わせて行うだけでなく、素材が傷まないように気を付けることも大切です。洗剤を使用して洗うことができる場合には、基本的に台所洗剤やオシャレ着洗い用などに使われる中性洗剤を選びます。水洗い可能な表示があれば適度に力を入れて洗うこともできますが、色落ちや型崩れが心配な製品であれば中性洗剤を含ませたタオルで汚れを拭き取った後、しっかりと水を絞ったタオルで再度拭き取ります。洗濯する際に気を付ける点として、熱いお湯を使わず冷たい水を使用することが挙げられます。お湯は色落ちや素材が縮む原因になりますので、気を付けましょう。

型崩れや劣化を予防するためには

ハンチングが型崩れしないようにするためには、干し方や保管方法に気を付ける必要があります。洗濯して干す場合には衣類のように洗濯バサミを使用して干すことは避けましょう。濡れている状態は型が付きやすいので、洗濯バサミの跡が付きやすくなります。邪魔にならないスペースに置いて乾かしたり、帽子スタンドなどを利用して帽子の型が崩れないように保管しましょう。特に、ハンチングは絶妙な形のバランスがオシャレのカギとなりますので、型崩れには十分気を付けるとともに自宅での洗濯に不安がある場合にはクリーニングに出すことがおすすめです。レザーや麻などの洗うことができない素材もありますので、購入時にはお手入れのしやすさにも着目して選ぶと良いでしょう。適切なお手入れでより素敵にオシャレを楽しみましょう。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし