自分をより格好良く見せてくれるハンチングの選び方のコツ

帽子は簡単にその人の印象を変えてくれるファッションアイテムとして、いつの時期でも使うことができますが、中でも男性にはハンチングが人気となっています。鳥打帽とも呼ばれる、イギリス発祥の狩猟用の帽子のことですが、近年の日本では細長いものが主流となっています。本来であれば丸い形のものが基本的な形になりますが、細かく分けるとその種類は様々あり、種類によって相手に与える印象を変えることができます。男性の特に人気の帽子ではありますが、女性であってもかぶることができます。しかし、帽子は自分に合っている形と合っていない形が大きく分かれてしまいます。ですので、中々自分に合ったものを選ぶことは難しいので、ここでは自分に合っている帽子の選び方のコツについてご紹介していきます。

種類から自分に合った帽子を選ぶ

ハンチングと聞いて最初に思い浮かぶのは一枚天井の一番ポピュラーな形のものだと思いますが、これはアイビーと呼ばれる種類のことで、細身で最も定番の形になります。ですので、顔の形が面長の方がかぶることで、スラッとした印象を崩すことなく、面長な印象だけを軽減してくれる効果があります。通常は布製のものが多い帽子ですが、丸い形をしたシルエットが特徴的な種類がプロムナードになります。このプロムナードはニット製・フェルト製のものが大半を占めていて、面長の方が似合うアイビーとは異なり、丸顔や顔が大きい方と相性が良い種類になります。キャスケットも本来は同じ種類の防止になりますが、トップにボリュームがある為、小顔効果があり女性には特に人気となっている種類になります。

自分の顔の形に合わせた選び方のコツ

帽子を選ぶ際のコツとしては、自分の顔の形から選ぶことが上手に選ぶことになりますが、まずは丸顔の方に合っている帽子の選び方をご紹介します。丸顔の方の場合にはボリューム感のあるハンチングをかぶることで、丸顔の方であっても顔の幅の印象を軽減してかぶることができます。逆に丸顔の方がスリムなものを選んでしまうと、丸顔が強調されてしまいますので、注意してください。次に面長の方の場合には、角があるシルエットのものや、フィット感のあるものを選ぶことでスッキリとした印象にすることができます。最後に四角い顔の方やベース型の方の選び方のコツですが、その場合はつばと顔の幅が同じか、もしくはつばの方が少し大きいものを選ぶことで、バランスの取れたシルエットにすることができます。

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし